禁煙ライフ

自分のために禁煙する方法

自分のために禁煙する方法 長年吸ってきたタバコをやめようと思っても、誰もが簡単に禁煙できるわけではありません。辞めようと決めたものの、誘惑に負けてしまい、またタバコを吸うようになってしまう方もいます。
誘惑に負けてしまう理由というのは、自分自身が弱いからではなく、決意が中途半端だったからということもあります。
そもそも、あなたが禁煙をしたいと考えている理由はなんですか?病気にならないように、健康のためにタバコをやめたいという方もいれば、家族に言われて仕方がなく辞めようと思っている方もいるでしょう。
ですが誰かに言われたからというような理由では、上手くいかない方が多いのです。人のためではなく、自分自身のために行うのが、禁煙を成功させるためのコツです。
自分のお小遣いを少しでも減らしたい、毎回タバコを買いに行く手間を減らしたいなど、禁煙するきっかけは何でも構いません。
ですが何かあなたにとって大きなメリットがあるからこそ、誘惑に負けにくい状態をつくることにつながります。

禁煙できない時に考えられる原因

禁煙できない時に考えられる原因 禁煙ができない原因は、ニコチンに依存性があるためです。ニコチンが肺から吸収されると速いスピードで脳に到達し、報酬回路を刺激します。
本来であれば神経伝達物質によって報酬回路は刺激されますが、ニコチンの方が素早く快感を得ることができるので人は本来の働きを低下させてしまいます。
神経細胞は正常に動かなくなり、ニコチンを摂取しなければ快感を得られなくなります。喫煙すると頭がスッキリして仕事がはかどったといった良い記憶も、禁煙中に誘惑となって思い出すようになります。
禁煙ができないのは精神が弱いからと勘違いしている人もいますが、タバコによる悪影響は精神的な依存だけではく脳への身体的な依存も引き起こすので心を強く持っていても難しいです。
禁煙を始めてから3日間が吸いたい衝動のピークなので、ニコチンガムのような有害物質を含まないでニコチンだけを少量摂取できるものを取り入れると良いです。少しずつニコチンを減らすことで依存症を改善します。